動物性と植物性


また、プロテインを選択する場合、もう1つ考えておきたいポイントとなるのが、動物性のタンパク質であるのか、植物性のタンパク質であるのか、という点についてです。プロテインには動物性タンパク質のものと植物性タンパク質のものがそれぞれ存在しており、その性質にも違いがあります。それでは、どのような点が違っているのでしょうか。

水まず、動物性タンパク質というのは、主に牛乳のようなものから生成されているのが特徴となっています。ここでポイントとなっているのは、まず水に溶けやすい性質があるということです。プロテインは粉状のものを水に溶かすようにして使用することになる関係上、いかに溶けやすいものであるのかが飲みやすさに直結することになります。動物性のプロテインは、比較的飲みやすいものとなることが多いでしょう。また、吸収効率が良いのも特徴の1つとなっています。短期的に効果を期待できるのがこちらです。

対して植物性タンパク質のものは、少々溶けにくい性質を持っています。ただし、時間を掛けて吸収させることができる性質上、長い間効果を発揮することができるようになっているのが特徴と言えるでしょう。それぞれにメリットがあるため、選択肢とすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>